即日審査などのフリーキャッシングサービスを銀行なども開始したことから、キャッシングは安全に使えるものと知った人も多いのではないでしょうか?審査には本人確認書類だけでいいという原則も、手間がかからないと、人気の秘密だそうです。


キャッシング審査は本人確認書類と信用情報

キャッシング審査で提出を行うのは本人確認書類、場合によっては収入証明書となります。他に個人情報の開示に同意が必要になります。これは信用情報という、お金の貸し借りの履歴で、過去のクレジットカードの返済やカードローンの審査申し込みや審査の情報が載っているそうです。この情報はキャッシング会社などに関係のない会社が、個人情報としてきちんと保護、管理しているものだそうです。


お金の履歴である信用情報は自分も確認できる

これらの信用情報を管理している会社では、本人が希望する場合には、自分の情報を開示してくれるのだそうです。過去に未払いがあって最近支払ったなどの場合には、傷情報となっていないかを確認してみてもいいかと思います。キャッシングの審査の他に、割賦払いの携帯電話の契約、クレジットカードの作成などでもこの情報は利用されています。返済の管理をしっかり行っていれば、原則として心配はありません。